避妊薬を活用する彼女が語るアフターピルの本音

アフターピルで妊娠を回避

性生活を営む上で避妊は欠かせないものとなっています。
しかし状況によっては毎回避妊出来るとも限りませんし、避妊に失敗するかもしれません。そういった時に対処法がないというのは危険ですし不安でもあると思います。そんな非常時のために持っておきたいのがアフターピルです。

日本で避妊法といえばコンドームが一番有名かと思います。コンドームは性感染症の予防にもなり優秀な避妊法ではあるのですが、その避妊率は実はそんなに高くありません。
というのもコンドームは使い方によっては破れてしまったり外れてしまうこともありますので、避妊率はその人の使い方に大きく依存するのです。また男性側に避妊の意志が無ければ確実な避妊には程遠いでしょう。ですのでコンドームは、しているから安心というにはやや確実性の欠ける方法となっているのです。

女性側の避妊方法として用いられる物の一つに避妊薬があります。

避妊薬はピルという呼び方で知っている人もいるかと思いますが、ピルは服用することで妊娠を回避できる便利な薬です。
低用量ピルと呼ばれるものは毎日計画的に服用することで常に妊娠の可能性を回避できるようになり、アフターピルは避妊に失敗した性行為後のいざという時に服用することで妊娠を回避出来るものです。
アフターピルの効果は服用でホルモンバランスを人工的に調整し、月経を強制的に起こすことで子宮内膜を排出します。
そのため膣内射精をしていたとしても妊娠を回避できるのです。
この薬の服用は性行為後72時間以内となっていて、できるだけ早い服用が推奨されています。
24時間以内の服用であればほぼ確実な妊娠回避が出来るので、可能であれば24時間以内で服用をしたい所です。
しかしこの薬の処方はその状態になった時にしかされず、常に持っておくことが出来ません。早期服用が求められているだけに非常にネックな問題となってきます。
しかし海外医薬品のアイピルはその問題を解決できます。
アイピルは個人輸入店などの通販で購入ができるため事前に持っておくことが可能で、更に安価であるという利点があります。
個人輸入店は普通の通販と同様、ネット注文で自宅まで届けてくれるため時間もかからず大変便利です。デリケートな薬ではありますが、伝票にもそのまま内容物が記載されることもないため配達員にもその中身は分からないようにしてくれるお店が殆どです。

クリニックに通うのも恥ずかしいと思う方でも全く問題なく利用していける方法ですので、普段から持っておきたいという方は是非個人輸入店を利用して購入しておくことをお勧め致します。